2011年10月04日

甘えん坊の処方箋



今日は午後から出張でした。

特別支援教育コーディネーターになってからというもの、本当に出張続きです。
しかも、その合間を縫って授業や会議もしなければならないので、自分のスケジュールや仕事の優先順位を考えながら、毎日を過ごさなければなりません。

そんなわけで、午後の出張が終わってから、授業の準備で、ちょっと帰るのが遅くなりました。
とはいうものの、昔は平気で夜中まで学校で仕事をしていたのですから、全然早いのですが。

夕方に、相方から、先に帰っているとメールがありました。
絵文字付きです。

次に、家でカーテン作成の続きをやって待っているとメールがありました。
これも絵文字付きです。

しばらくして、早く帰ってきて、とメールがありました。
語尾が「ですます調」になり、絵文字なしです。

そこで私はピンときました。
「今日は、相方の調子が悪いな」と。

急いで帰宅すると、案の定、相方は布団でコロコロしていました。
話しかけても、ツンツンしています。

実際には一時間程度しか待っていないのですが、調子が悪いときは、私の帰りを待ちきれず、こんな感じですねてしまいます。

頭が痛く、食欲もない、と言います。

そこで、一通り愚痴を聞きながら、少し隣にいて、気持ちが落ち着くのを待ちます。
落ち着いてきたら、ご飯を作って、隣で食べます。
すると、相方も「私もちょっと食べる」と言ってきます。
その後、一眠りすれば、そこそこ元気は回復です。

相方は、すねたとき、怒るのではなく、甘えたくても素直に甘えられず、ツンツンするのです。
まあ、これも一種の愛情表現なのでしょう。
私からしてみれば、かわいいもんです。

そんな時は、この「甘えん坊の処方箋」が役にたちます。

でも、ご用心!
誰にでも使える処方箋でありません。

私が、今までの苦節40年の人生経験を踏まえて、相方専用に処方したんですから。
私にしか使いこなせないんです(笑)


posted by くろまめ先生 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - 甘えん坊の処方箋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。