2011年10月07日

ブログ 移転しました

このブログは移転しました。
新しいURLは


http://d.hatena.ne.jp/kuromame_donguri/
「僕と彼女とAppleと…」

です。
posted by くろまめ先生 at 08:03 | Comment(0) | 日記 はてなブックマーク - ブログ 移転しました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

甘えん坊の処方箋



今日は午後から出張でした。

特別支援教育コーディネーターになってからというもの、本当に出張続きです。
しかも、その合間を縫って授業や会議もしなければならないので、自分のスケジュールや仕事の優先順位を考えながら、毎日を過ごさなければなりません。

そんなわけで、午後の出張が終わってから、授業の準備で、ちょっと帰るのが遅くなりました。
とはいうものの、昔は平気で夜中まで学校で仕事をしていたのですから、全然早いのですが。

夕方に、相方から、先に帰っているとメールがありました。
絵文字付きです。

次に、家でカーテン作成の続きをやって待っているとメールがありました。
これも絵文字付きです。

しばらくして、早く帰ってきて、とメールがありました。
語尾が「ですます調」になり、絵文字なしです。

そこで私はピンときました。
「今日は、相方の調子が悪いな」と。

急いで帰宅すると、案の定、相方は布団でコロコロしていました。
話しかけても、ツンツンしています。

実際には一時間程度しか待っていないのですが、調子が悪いときは、私の帰りを待ちきれず、こんな感じですねてしまいます。

頭が痛く、食欲もない、と言います。

そこで、一通り愚痴を聞きながら、少し隣にいて、気持ちが落ち着くのを待ちます。
落ち着いてきたら、ご飯を作って、隣で食べます。
すると、相方も「私もちょっと食べる」と言ってきます。
その後、一眠りすれば、そこそこ元気は回復です。

相方は、すねたとき、怒るのではなく、甘えたくても素直に甘えられず、ツンツンするのです。
まあ、これも一種の愛情表現なのでしょう。
私からしてみれば、かわいいもんです。

そんな時は、この「甘えん坊の処方箋」が役にたちます。

でも、ご用心!
誰にでも使える処方箋でありません。

私が、今までの苦節40年の人生経験を踏まえて、相方専用に処方したんですから。
私にしか使いこなせないんです(笑)


posted by くろまめ先生 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - 甘えん坊の処方箋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

ハロウィーンの寄せ植え作り



今日は、相方と一緒にハロウィーンの寄せ植え作りの教室に行ってきました。

講師の先生いわく、この時期は花を付ける植物が少ないそうです。
秋は、夏に比べて花が多い季節かと思っていましたが、そうではなく、冬の方が花を付ける植物が多いそうです。

さて、寄せ植えのポイントは、



  • 素材から全体のレイアウトを考える。

  • 壁際に置くなら、後ろに背の高いものを植えて、高低差をつける。

  • 花同士を自然な感じでからませるようにする。

  • 鉢に水が行き渡るように、土は鉢の八分目まで入れる。

  • 植えたら、三日間ほど日陰で養生させる。根が乾かないように気をつける。

  • 根張りがしたら、日向に移動させる。根腐れを起こさないように、水のやり過ぎに気をつける。

  • 花が伸びてきたら、適宜花を間引いて、形を整えると、長持ちする。

  • バスケットに麻布を敷いて、その上に土を入れてもよい。

  • バスケットから、つる性の植物が少し垂れるようにすると、見栄えがよくなる。


などです。

f:id:kuromame_donguri:20111002152857j:image:medium

f:id:kuromame_donguri:20111002191300j:image:medium

f:id:kuromame_donguri:20111002190426j:image:medium

切り花に比べて、何度もやり直しがきくので、私は寄せ植えの方が好きです。
それに、土を触ったり、土の匂いをかいだりすると、気持ちが落ち着きます。

講師の先生や、他の参加者からは、私たちは夫婦に見えたらしく、
「新婚ですか?」
「優しそうなご主人でいいね」
「ガーデニング教室に一緒に来てくれるなんて、うらやましい」
「奥さんは幸せね」
などと、いろいろ言われて、ドギマギしました(汗)

私は「は、は、は…」と笑ってましたが、相方はうれしそうに笑って喜んでいました。

結婚に向けて毎日一緒に過ごしているからなのか、端から見れば、落ち着いた夫婦そのものの雰囲気が出ているのかもしれません。

私が何よりうれしかったのは、他人から見ても、私たちが幸せに見えた、ということと、それを相方が心から喜んでいたことです。


posted by くろまめ先生 at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 はてなブックマーク - ハロウィーンの寄せ植え作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。